ホーム >> 道弁連のご紹介

道弁連のご紹介

道弁連とは

 北海道弁護士会連合会とは、札幌高等裁判所管内にある4つの弁護士会・「旭川弁護士会」、「釧路弁護士会」「札幌弁護士会」「函館弁護士会」で組織されている会です。

 北海道弁護士会連合会、略称「道弁連」は、主として、日本弁護士連合会及び管内弁護士会の連絡に関する事項、弁護士、弁護士法人の品位及び地位の向上並びに学術の研究に関する事項、司法制度に関する事項、及び人権擁護に関する事項等を行うこと目的としています。

 道弁連では、理事17名及び監事2名が置かれ、通常毎月1度理事会を開き、道弁連に関する諸問題を審議しています。

平成29年度北海道弁護士会連合会 役員

理事長 愛須 一史(札幌)
副理事長 大川 哲也 (札幌)
副理事長 和根 直樹(函館)
常務理事 小笠原 至(札幌)
理事 飯塚 正浩(旭川)
理事 中村 元弥(旭川)
理事 山本 直久(旭川)
理事 荒井 剛(釧路)
理事 川瀬 敏朗(釧路)
理事 鈴木 茂雄(釧路)
理事 伊藤 考一(札幌)
理事 岡崎 拓也(札幌)
理事 後藤 雄則(札幌)
理事 小林 杜季子(札幌)
理事 村上 英治(札幌)
理事 佐藤 奨(函館)
理事 柳 順也(函館)
監事 木場 知則(札幌)
監事 山 英二(函館)

理事長からのご挨拶

理事長 愛須 一史
北海道弁護士会連合会

理事長  2017(平成29)年度の北海道弁護士会連合会(道弁連)の理事長に就任しました、札幌弁護士会所属の愛須一史です。大川哲也副理事長(札幌弁護士会所属)、和根直樹副理事長(函館弁護士会所属)及び小笠原至常務理事(札幌弁護士会所属)ら16人の理事の方々と共に、道弁連としての活動を行ってまいります。

 道弁連の活動の中心は、ここ5年間に4件の宣言・声明と1件の大会決議を出し、また、12年間にわたり「すずらん基金法律事務所」を運営していることにも表れているように、まぎれもなく北海道内の司法過疎解消のための取組みにあります。

 いま北海道内の多くの地域で人口減少、高齢化が進み、限界集落という言葉が現実のものとなりつつあります。近い将来、道内の自治体が相次いで消滅していくシミュレーションが出されている中、私ども道弁連は、道内の4弁護士会、日本弁護士連合会と連携を図りながら、司法インフラの整備にいっそう力を入れていかなければならないと改めて胸に刻み込んでいます。

 道弁連の活動は、いっそうの広がりを持ち深化していきます。

 全国の弁護士会で取り組んでいる裁判所改革の一環として、支部機能の充実強化、そして弁護士任官の促進などの運動を、従前に引き続き取り組んでいきます。

 2016(平成28)年3月に北海道と包括連携協定を締結したことにより、司法過疎問題に限らず、災害対策、福祉職の方々との協働、事業承継をはじめとする道内企業、個人事業主の法的サポートなど、より大きな展開が見込まれます。

 また、今年度から新たに犯罪被害者支援委員会を新たに創設し、北海道内全域の犯罪被害者のための支援活動にも力を入れていくこととなりました。

 道弁連を構成する4弁護士会所属の弁護士は、平成29年3月30日現在982人まで増えました。1年間、職責を果たすべく尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

このページのトップへ