ホーム >> 道弁連のご紹介

道弁連のご紹介

道弁連とは

 北海道弁護士会連合会とは、札幌高等裁判所管内にある4つの弁護士会・「旭川弁護士会」、「釧路弁護士会」「札幌弁護士会」「函館弁護士会」で組織されている会です。

 北海道弁護士会連合会、略称「道弁連」は、主として、日本弁護士連合会及び管内弁護士会の連絡に関する事項、弁護士、弁護士法人の品位及び地位の向上並びに学術の研究に関する事項、司法制度に関する事項、及び人権擁護に関する事項等を行うこと目的としています。

 道弁連では、理事17名及び監事2名が置かれ、通常毎月1度理事会を開き、道弁連に関する諸問題を審議しています。

令和2年度北海道弁護士会連合会 役員

理事長 樋川 恒一(札幌)
副理事長 林  孝幸(旭川)
副理事長 砂子 章彦(札幌)
常務理事 佐藤 昭彦(札幌)
理事 佐々木 啓太(旭川)
理事 畑地 雅之(旭川)
理事 岩田 圭只(釧路)
理事 久保田 庸央(釧路)
理事 野呂 伸一(釧路)
理事 伊藤 めぐみ(札幌)
理事 清平 温子(札幌)
理事 佐々木 将司(札幌)
理事 佐藤  敦(札幌)
理事 清水  彰(札幌)
理事 佐藤  奨(函館)
理事 堀田 剛史(函館)
理事 山内 良輔(函館)
監事 竹本 康志(旭川)
監事 田頭  理(札幌)

理事長からのご挨拶

理事長 樋川 恒一
北海道弁護士会連合会

理事長  2020年度の北海道弁護士会連合会(道弁連)の理事長に就任しました樋川恒一(札幌弁護士会所属)です。

 道弁連は、旭川弁護士会、釧路弁護士会、札幌弁護士会、函館弁護士会の道内の弁護士会4会で構成された連合会です。国内には、各地域の連合会が8団体あり(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国地方、四国、九州)、それぞれの地域の課題に取り組んでいます。
 道弁連は、北海道内にある弁護士会の連合会として、北海道の課題に取り組んでいます。道内の各弁護士会が管轄する地域は、他の連合会と比べ、極めて広大であるという事情があります。また、人口密度が低いという事情もあり、各地域の住民が司法や弁護士へアクセスすることが容易でないという「司法過疎」「弁護士過疎・偏在」は、道内各弁護士会に共通の課題です。
 道弁連では、道内4弁護士会所属の弁護士から、司法過疎問題に取り組むための原資として「すずらん基金特別会費」を徴収し、道内各地での巡回法律相談の実施や、司法過疎地域に設置される公設法律事務所への赴任弁護士を養成するなど、長年にわたり道民の司法アクセスの拡充のために積極的に稼働をしてきました。また、北海道胆振東部地震などの災害に対する対応や消費者問題への対応など、さまざまな分野で、積極的に活動をし、意見を発信してきました。

 現在、政府は、進展化する国際化や情報通信技術の急速な進展、オンラインでの経済活動の増加、諸外国における裁判のIT化の進展状況等に照らして、我が国の民事司法制度の国際競争力の強化や、民事裁判手続等のIT化を進めるため、民事司法制度改革を進めています。道弁連は、このような潮流や変化にも対応しながら、地域の住民が利用しやすく、適正な司法手続が確保されるよう、その制度設計の構築に向けて積極的に意見を述べ、取り組んでいく考えでおります。
 引き続き、道弁連の活動へのご理解とご支援を賜りますようお願いいたします。

このページのトップへ